20,000人規模

記者会見で発表されたフェスティバルNew Invasionsは、Torres Vedras 8月31日から9月3日まで、家族全員を対象とした豊富なエンターテイメントを保証する第2版を予定しています。日本は「侵略国」であることから、今年は約2万人の来場者と共有、参加、近接文化のためのスペースとしてのフェスティバルが開催されると推定しています。 プレゼンテーションの記者会見は、この新しい侵略祭の第2版は、セントメアリー教会のTorres Vedrasのラインの新しく開かれた解釈センターで開催された、文化市の市議会議員が出席したTorres Vedras、Ana Umbelino; RuiBrás市議会文化省主席部門フェスティバルの芸術監督、JoãoGarcia Miguel; Torres Vedras市長、Carlos Bernardes市長、ポルトガル駐在日本大使、東大博士。 8月の終わりに街を合理化し、多くの観光客を誘致するために、フェスティバル新侵略は、多様性と人々の接触の必要性に基づいて、創造的な対立とヨーロッパのビジョンのアサーションの同時ポイントとして構成されます。活発で、協力的で表現力豊かな人に連絡してください。新しい侵略は時間のお祝いに基づいており、さまざまな背景の人々の会合と関係を促進し、支持し、祝う: - 半年戦争の間に経験された時間と精神とトーレス・ヴェドラ線の建設を再現する歴史的な時代。 - そして今度は、複数のアイデアと世界観を組み合わせる。 文化の評議員は、すべての貢献から構築されることを意図しているこの「プロセス事象」の完了に伴い、協会、地元の文化組織、俳優、経済エージェントの参加を促し、芸術と文化がより密接に市民が異文化を祝い、広大な公共空間を可能にするようにする。 Ana Umbelinoはまた、フェスティバルは非常に大きな開発資本を持っていると強調しましたが、すでに大きな評判があります。 プログラムの面では、すべての年齢層を対象とした4日間の多様な活動が行われ、市内の16の異なる場所で行われます。このレベルでは、プログラムが広がっていることに注意してください。今年は、聖マリア教会、Choupal Parkなど、2015年のこのフェスティバルの第1日目には実現できなかった場所に注目してください。若者、音楽、新サーカス、パフォーマンス、劇場は、フェスティバルプログラムの新しいインヴァージョン2017を構成し、ポルトガルのアーティストの作品を発表するイベントの一部です。フランス、英国、スペイン、日本。 Torres Vedrasの市町村文化部長RuiBrásが述べたように、私たちは3つの主要分野、すなわち聖マリア教会を活性化させる歴史的なレクリエーション、 19世紀の市場は歴史的な市街地の中心にあります。都市の他の「ステージ」で観客を魅了する多彩なオファーを提供しています。しかし、祭りの震源地は、約46の団体と22の団体が関わり、過去と現在の2回の関係を樹立し、背景と舞台として機能する19世紀の市場を見出します。歴史的なレクリエーションは、Torres Vedrasの歴史的中心部の通りに特別な雰囲気を作り出すことを目的としていますが、Torres線の祭りの精神、信頼性、象徴性を組み合わせています。これは遊び心のあるイベントですが、 2015年に開催された第1版では、この問題でチリが「侵略国」であり、我が国を侵略しようとしています。 19世紀のナポレオン戦争とは異なり、ゲスト国によるこの侵略は、肯定的であり、共有、尊重、学習の時間であり、ゲストの文化や習慣へのアプローチを求めています。この点について、フェスティバルの芸術監督であるJoãoGarcia Miguelは、重要な遺産であるトライセンスの領土をつなぐことを目標としていますが、これとは異なる新しいものを提示し、日本を侵略した国はメジャーそれは私たちとはまったく異なる文化であるからです。この招待状は、1971年から1972年の間に、トレス・ベドラスの自治体が日本との密接な関係、サンタクルーズの海岸に日本人作家のカズオ・ダンを滞在させたことに由来しています。 ジョアン・ガルシア・ミゲル(JoãoGarcia Miguel)がこの祭りを披露するこの「文化的侵略」は、コンサート「Eletrified Jet Shamisen Okita」と言った。 The festival New Invasions, presented today at a press conference, will have its 2nd edition in the city of Torres Vedras August 31 to September 3, ensuring plenty of entertainment aimed at the whole family. Having Japan as "invading country", the Organization estimates that the festival this year receive about 20 thousand visitors and claims as a space for sharing, participation and proximity cultures. The presentation press conference this 2nd edition of the New invasions Festival was held at the newly opened Interpretation Center of the Lines of Torres Vedras, in the Church of Saint Mary, and was attended by the Councilor of the House of Culture Area city ​​of Torres Vedras, Ana Umbelino; Chief Division of Culture of the City Council, Rui Brás; the artistic director of the festival, João Garcia Miguel; the Mayor of Torres Vedras, Carlos Bernardes; and the Japanese Ambassador in Portugal, Hiroshi Azuma. In order to streamline the city and attract many tourists at the end of August visiting the region, the festival New Invasions is constituted as a simultaneous point of creative confrontation and assertion of a European vision, based on diversity and need for contact between people. Contact active, collaborative and expressive. The New Invasions is based on the celebration of time, promoting and favoring the meeting and the relationship between people of diverse backgrounds, celebrating: - A historical time, which recreates the time and spirit that was experienced during the Peninsular Wars and the construction of the Lines of Torres Vedras; - And this time, combining the plurality of ideas and worldviews. With the completion of this "process event" as it is intended to be built from the contribution of all, the councilor of Culture said that is objective of the Organization to encourage the participation of associations, local cultural organizations, actors and economic agents and own population, so that the arts and culture even closer citizens celebrate the intercultural and allow enliven public spaces. Ana Umbelino also stressed that the festival has a very large development capital, but already has a significant notoriety. In terms of programming, will be completed four days of diverse activities, aimed at all age groups, with performances taking place in 16 different locations around the city. It should be noted at this level that the program spreads, this year, the Church of Saint Mary, Choupal Park and other places that were not available to fruition on the day 1st edition of this festival in 2015. educational service activities for young people, traditional culture cycle, cinema, dance, exhibitions, gastronomy, facilities, book presentation, music, new circus, performances and theater are some of the categories of events that make up the festival program new Invasions 2017 and presenting the work of artists from Portugal, France, UK, Spain and Japan. As mentioned Rui Brás, chief of the Division of Culture of the Municipality of Torres Vedras, we can divide the festival program in three major areas: historical recreations that will invigorate the Church of Saint Mary; the nineteenth-century market a catalyst in the area of ​​the historic city center; and contemporary art, with a diverse offer that will take the audience by other "stages" in the city. However, the festival epicenter find the nineteenth century market, with about 46 entities and 22 associations involved and acting as a backdrop and stage, establishing the connection between the two times: the past and the present. While historical recreation aims to create a special atmosphere in the streets of the historic center of Torres Vedras, combining the festive spirit, authenticity and symbolism of the Lines of Torres. This is a playful event, In the 1st edition, held in 2015, the "invading country" was Chile in this issue let us invade Japan. This invasion by a guest country, unlike the Napoleonic wars of the nineteenth century, is positive and is a time of sharing, respect and learning, which seeks an approach to culture and customs of the guest. In this regard, João Garcia Miguel, artistic director of the festival, said that the goal is to connect the material and immaterial heritage Torriense territory but present something new and different and that in this context, to have as a country invading Japan was a major challenge because it is a very different culture from ours. This invitation came from the close relationship that the municipality of Torres Vedras has with Japan, the stay of the Japanese writer Kazuo Dan on the beach of Santa Cruz, between 1971 and 1972. This "cultural invasion" which seeks to present this festival, João Garcia Miguel, said the concert "Eletrified Jet Shamisen Okita"; ダンスショー "Locus Focus" Min Tanaka;シネマサイクル日本財団;シネマサイクル日本;展覧会「ヴェドラ・トーレスの謎 - 東方読書とフラネール - 新都市の物語」photo木村元・ソニア・ハムザ「日本と日本」と題した伝統文化のサイクルでさえもそうである。これらすべての活動は、訪問者に近づくことを目指すこのオリエンタル文化の兆候です。日本のポルトガル大使であるアズマ・ヒロシ氏の言葉によると、このフェスティバルへの招待状は、「訪問者の形は日本文化の理解を深め、 フェスティバル・ニュー・インバシオンズ(Festival New Invasions)は、観光客の皆様にさまざまな体験を提供します。 19世紀の収入は、ロバート・トゥールの路線(UMMジープ・ライド)のツアー、ローマの歴史的中心への歩行者ガイドツアー、トーレスの強力なラインを訪れる19世紀の食文化、多くの参加レストランで19世紀のメニューをイニシアチブに楽しめる「侵略の味」。 Torres Vedras市長(Carlos Bernardes)によると、Torres Vedrasの主要イベントの実現のためのすべての原料が保証されています。市長は、招待状に加えて、私たちの領土を訪れる人々を残しました。市長は、市議会と協力して最初の1分間から働いたすべての団体、文化的および経済的代理人に新しい侵略を参加させ、参考にしたフェスティバル。 フェスティバル・ニュー・インヴァージョンは、毎年2回開催され、各号で「侵入」する国が異なる。このコンセプトは、1810年にナポレオン・ボナパルトのフランス軍がリスボンに侵入するのを防ぐ152砦と要塞からなる防衛構造のトレス・ベドラス線の200周年記念式典の間、2010年以来開発されました。トレス・ベドラスの自治体それはスポンサーであり、Glory Vimeiroです。日本財団と日本国大使館の制度的支援を得て、バラの会場、Barraqueiro WestExtincêndios、協同コミュニケーションと文化、聖ピーター&サンチャゴの教区教会の工場、Torres Vedrasと西ポルトガルの文化協会のフォーラムをサポートしています。 新しい領土に侵入し、新しい概念によって侵略されるようにしましょう。降伏! the dance show "Locus Focus" Min Tanaka; Cinema Cycle Japan Foundation; Cinema Cycle Japan; the exhibitions "faneur by vedras Torres - an Eastern Reading on the Territory" and "Flâneur - New Urban Narratives" photo Hajime Kimura and Sonia Hamza; and even a cycle of Traditional Culture entitled "Japan and the Japanese." All these activities are manifestations of this oriental culture that aims to become closer to the visitors. In the words of Hiroshi Azuma, Japan's ambassador to Portugal, the invitation to this festival is a "form of visitors get a better understanding of Japanese culture, A pair of all spectacles, the Festival New Invasions also offers visitors a range of experiences, organized and carried out by tour agents that in this way, present their offers in the area and worth living. Income to the nineteenth century suppers at the Castle, the donkey rides and cart, to tours of the Route of the Lines of Torres (UMM Jeep ride), to pedestrians guided tours to the historical center, visits the strong Lines of Torres or tasting of nineteenth-century gastronomy, a "Flavors of Invasion" that will allow the visitor to enjoy nineteenth century menus in the many participating restaurants to the initiative. According to the Mayor of Torres Vedras, Carlos Bernardes, they are guaranteed all the ingredients for the realization of a major event in Torres Vedras. In addition to the invitation left people to visit our territory, the mayor left a word of thanks to all associations, cultural and economic agents who worked from the first minute, in collaboration with the City Council, to make the New Invasions one participated and reference festival. The Festival New Invasions has biannually and will, in each issue, with a country "invading" different. The concept has been developed since 2010, during the Bicentennial celebrations of the Lines of Torres Vedras, a defensive structure consisting of 152 forts and strongholds that prevented the French troops of Napoleão Bonaparte to invade Lisbon in 1810. The Festival is New Invasions 2017 an organization of the Municipality of Torres Vedras; It is sponsored and the Glory Vimeiro; with the institutional support of the Japan Foundation and the Embassy of Japan; and supports Bang Venue, Barraqueiro West Extincêndios, Cooperative Communication and Culture, Factory of the Parish Church of St. Peter and Santiago, Forum of Cultural Associations of Torres Vedras and West Portugal. Invade new territories and let yourself be invaded by new concepts. Surrender! More information at: novasinvasões.pt

JUGEMテーマ:芸能

JUGEMテーマ:アート・デザイン

cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年08月20日(日) 11:09 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]

ポルトガルへ日本の志を

http://www.cm-tvedras.pt/artigos/detalhes/apresentacao-do-festival-novas-invasoes-2017/ Well, the ticket arrived. It is finally Portugal. Thank you so much for calling me to Portugal, only to hit the performance afterwards. Twenty years after pursuing tradition and electro music, my dream came true at the unexpected timing, "I want to deliver the shamisen to the world" in elementary school texts. OKITA is introduced in the second half. Beyond nationality I finally feel like I matched the times. Thank you Dear Mário さて、チケット届きました。いよいよポルトガルです。本当にポルトガルに呼んでくれてありがとう、後は演奏をぶつけるのみ。伝統とエレクトロミュージックを追求し続けて20年、小学校の文集の「三味線を世界へ届けたい」思わぬタイミングで夢が叶いました。後半にOKITA紹介されています。 国籍を超えてやっと時代とマッチした感じがします。 Dear Mario 有難う
cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2017年08月19日(土) 09:04 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]

8月までの演奏予定

今夏の演奏予定です。
どうぞよろしくお願いします^_^
6月24日(金) 名古屋052-930-6010
HIGASISAKURAスタジオ 21:00頃
8月6日 (土)多治見市0572-43-5155
多治見市笠原公民館 16:00頃
8月7日(日)名古屋市栄0120-888-127
プラチナム名古屋  19:30スタート
cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2016年06月20日(月) 14:51 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]

8月6日演奏決定


8月6日笠原中央公民館
お祭りの為、入場無料です。
1階フロアーで演奏予定。
どうぞよろしくお願いします。
http://www.tajimi-bunka.or.jp/kasa_pub/
cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2016年05月24日(火) 13:05 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]

ライブやります。

ようやく厄年終わったし
いろいろ
サバイブしてきた
さあ今年も動きだすか。
好きな事がやれて、
よろこんでもらえる事は
いいことだ
ライブ
cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2016年02月05日(金) 10:43 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]

チームの底力



岐阜柳ヶ瀬ants 21:00〜
cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年03月13日(金) 20:15 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]

Fusionik ライブ 3/13 金 21:00

http://www.ants69.com/schedule-3.html
JUGEMテーマ:音楽

iPhoneImage.png
3月13日(金)
PoisonBreak presents
"NIGHT PARADE"
【LIVE】
PoisonBreak
SATODAVIBRATION(暇)
K-azuki
【GUEST】
FUSIONIK Hiroshi Okita(Shamisen)
Takuma Takahashi(Electoronics)
【DJ】
PATRA,MAC-T
HIDEKI(FMC)
NATSMAN
USKD(D.S/DUB O THIRTY)
【VJ】
Merry(beta-version)
【SHOP】
Ve.
塚ちゃんチャーシュー
【開場/開演】20:00
【前売】¥2,000【当日】¥2,500
(入場時別途ドリンク代500円必要)
【問】058-213-7228(柳ヶ瀬アンツ)
cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年02月23日(月) 13:58 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]

11/28今年最後です。

皆様お疲れさまです。 めっきり寒くなりましたね、年末まであと一カ月!! 今週の11/28金曜日のライブが見収めになります。 時間は21:30~22:00になりますが 少しばかり時間を押す場合があります、そうすると21:50~22:20 時間に余裕もって遊びに来て下さい。金山DEONは近いです、眼前で燃え上がる覚悟の上ご来店をお待ちしております。   また来年はよろしくおねがいします♪
cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2014年11月26日(水) 19:37 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]

11/28よろしくお願いします。

cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2014年11月20日(木) 12:10 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]

11/28よろしくお願いします。

cetegory : ライブ情報 ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2014年11月20日(木) 12:10 by 沖田 博史 HIROSHI OKITA [ Edit ]